サッカー未経験の親が子供といっしょに
効率的な基礎練習を実践・成功する方法

サッカー未経験の親は子供と練習できないのか?

こんにちは、トムです。
実は僕はサッカー未経験の親です。
中学高校の時は吹奏楽部で音楽ばかりやっていました。
だからサッカーについては苦手意識を持っていました。

うちの息子は幼稚園の年中組の時に仲良し友達と3人で一緒にキッズサッカークラブに入りました。
キッズサッカークラブはジュニアサッカークラブ(小学生対象)のコーチを引退したおじいちゃんコーチが指導してくれて、サッカー技術よりも楽しさや礼儀などを教えてくれていました。
うちの息子も楽しみに通っていました。

やがて小学生になって、キッズからジュニアに上がるべくしてジュニアサッカークラブに入部しました。
小学生対象のジュニアサッカーは、学年別の部に別れていることはご存知だと思います。
そしてその部ごとにシリーズ戦があります。
つまり具体的なチームを組んで試合をするわけですね。
当然、レギュラーポジションを奪い合う子供同士の競争になります。
いえ、正確には親同士の競争かもしれません。

1年生(6部)のはじめ頃は、キッズから経験している仲良し三人組がレギュラーになることがほとんだったんですが、2年生になる頃から小年生になってから入部してきた子供達がレギュラーに混ざるようになってきました。
そしてだんだんと追い付く子追い抜かれる子が出てきました。

うちの子もどちらかというと、追い抜かれた子でした。

サッカースクールでの練習

サッカースクールは火曜日と木曜日の夜、毎回2時間を週2回です。
だいたい、ランニングをして、アップをして、キックの練習をして、ミニゲームをする。
そんな感じです。
それぞれの子の性格でしょうか、それとも才能でしょうか、同じ練習をしていても伸びる子とそうでない子が出てしまいます。

もちろん子供の身長や体重の差はもちろんのこと、体力のある子とあまり体力の無い子などの差もあるでしょう。
しかし、上手な子と下手な子との間に自然と上下関係ができてしまって、下手な子は自信を持ってプレイすることができなくなっていっていくです。
うちの子もいつの間にか下手な子のグループになっていました。

家族内でも子供萎縮させてしまう

後から入ってきた子に抜かれたことが気になるのは、実は子供自身よりも親なのではないでしょうか。
後から入ってきた〇〇くんが試合に出てるのに、どうしてうちの子が出してもらえないの?」と癪に障るのです。
性格のキツイ妻は口調も荒くなり、子供にもつい「次の試合は出してもらえるよう練習しなさい!」などと強く当たってしまったりします。

きっと本人は辛かったに違いありません。

コソ練をはじめる

現状を打開するために、とりあえず、書店でジュニアサッカーの教本を探してきて近所の公園でコソ練を始めました。
ちなみに購入した書籍は以下の通りです。

何冊も本を買ってきてあれこれ試しますが、なにぶんサッカー未経験の親には練習のツボがわかりません。
本の写真から動きをイメージするのですが、やはり正確にイメージできているのかがわからないのです。
動画があれば分かりやすいかと思い、DVDも買ってみました。
それらの情報を参考に、毎日公園に出かけて練習させようとしますが、結果がわかりにくく(そもそも成果があったのかもわかりません)、親子ともに、嫌気がさしてきてしまうのです。

Youtubeなども参考にしてみました。
毎晩子供が寝てから、いろんな動画を観まくりました。
たくさんの動画を参考にさせていただきましたが、イマイチ練習のツボが掴めないでいました。

この動画が全てを変えた

そんなある夜、見つけたのがこの動画、元Jリーガーで、現在は山形県でサッカークラブコーチをしている越智隼人さんの動画でした。

越智さんは山形県でサッカーコーチをしています。
近くの子供達は羨ましい限りです。
しかし、日本全国に散らばるジュニアサッカープレイヤーのほとんどは越智さんの指導を受けられずにいます。
越智さんは自分のプレイヤーとしての経験と、コーチとしての経験を生かして、サッカー未経験の親でも子供と一緒に練習ができるようiPadやタブレット向けの動画レッスンを作ってくださったというのです。
素人の親には難しい要素を分解して、160本以上もの動画で解説してくれています。
動画の1本1本は短いですが、その総合計は2時間半を超える長さ。
濃密な練習内容です。
DVDとは違って、iPadで観ますから、外でも観たいときに観る事ができます。
同じ動画を繰り返し観てイメージを焼き付けます。
ちょっとした動作のチェックもその場でできるので、非常に助かります。
僕は動画と同じ方向から練習中の息子を動画撮影し、フォームなどをチェックしました。
こんな事ができるのも、iPadだからでしょうか。

越智隼人とは?

越智 隼人 ( おち はやと )
1982年7月17日生まれ / 埼玉県出身
小学校時代に野球をしようと思ったところ、友達に誘われてサッカーを始める。
サッカーが好きになり、田舎だったということもあり、リフティングをしながら学校へ通う毎日でした。
中学時代には関東選抜のキャプテンも務め、活躍しました。

[ 選手歴 ]
1999~2000年度 横浜フリューゲルスユース(現在は横浜Fマリノスユースに併合)
2001年度 横浜F・マリノスユース
2001年~2002年 セレッソ大阪
2003年~2004年 モンテディオ山形

[ コーチ歴 ]
2005年~ S.F.C.ジェラーレの指導者として活動開始
※山形地区トレセン、山形県トレセンのコーチも務める

[ メディア出演 ]
2007年~2016年 モンテディオ山形ホームゲーム スカパー!解説
2017年~ モンテディオ山形ホームゲーム DAZN解説
さくらんぼテレビ 「ブルイズ モンテディオ」 毎週金曜日放送
NHK山形 モンテディオ山形J1昇格特番に解説者として出演
2005年~2016年 山形のコミュニティーラジオ「VigoFM」にて「LiveSmart」パーソナリティー

サッカースクールでは上達しない理由

普段のサッカースクールの練習だと、ランニングをして、アップをして、キックの練習をして、ミニゲームをする。
これがほとんどのサッカースクールの練習の流れだと思います。
 
もちろんこれが練習の基本的流れで間違いありませんしある程度の基本技術も身につくでしょう。
 
しかし、学校の授業を思い出してみて下さい。
 
先生がクラスのペースで、勉強ができる子とできない子の区別もなく進められていきます。
つまり、勉強が得意な子は伸びますが、勉強が苦手な子は置いていかれてしまいます。
その結果できることできないこの差がどんどん広がります。
 
不本意ではありますが、限られた時間の中でたくさんの人数を一緒に教えなければならないため、どうしても発生してしまうのです。
先生もどうにか差がつかないようみんなに理解してもらえるのかを模索しているのです。
 
それはサッカーも同じことだと思います。
 
みんなと同じ練習をしている間は、他の子に差をつけられることはないでしょう。
 
みんなと同じ練習しかしていないのに、
「試合に出してもらえない」
「レギュラーになれない」
それは当たり前のことなのです。

サッカースクールで伸びる子は、元々才能があるという場合もありますが、自分で、自然と効率のよく努力をしているものです。
さらに、みなさんのサッカースクール指導者は、本当に効果が高く選手に効果的なトレーニングを勉強していえるでしょうか?
実際のところ、ほとんどの指導者は自分の過去の経験だけで指導していることが多く、プロのトレーニングのノウハウを知りません。
 
越智さんはスカパーでサッカー解説もしているため、Jリーグの練習も見学に通って、最新かつトップクラスのトレーニングを学んでいます。
その基本にはJリーガー時代に行ってきたプロのトレーニングや、現在指導者として学んでいるトレーニングもたくさんあるのだそうです。
 
越智さんはこのように常に最新最良のトレーニングを模索して、実際に子供達にさせているとのことです。
その結果、子供達にとって非常に効率的なトレー二ングとなるのです。

また、小学生時代から中学生前半までは、 体が成長していくタイミングで、繰り返し練習したことはスポンジのように吸収していくといいます。
 
逆に言うとその時期を逃してしまうと、その何倍も練習しないと身につかない、そんな悪循環に陥ってしまうのです。
 
上手な子、伸びる子は、サッカースクール以外でも毎日のように、自然と効率のよい練習しているといえるでしょう。
しかし残念なことに、そんな子は稀な存在とのことです。